偏頭痛を解消する漢方やサプリメント特集!

もう副作用に悩まない!薬以外の偏頭痛の治し方

偏頭痛は日常的に起こる頭痛のことです。その都度、原因は異なります。
突発的にズキズキと頭痛が起こり、日常生活に支障を感じることから薬で治療される方が多いです。

 

ですが、薬に抵抗力がついて、どんどん強い薬が必要になってしまったり、いくつかの薬を併用するようになった、と体験者の一部の方々が語っています。

 

さらに、薬物療法の薬には副作用の問題もあります。
頭痛が起きるたびに薬で症状を抑えるよりも、偏頭痛を起こしにくくするように心がけた方が、身体への負担も軽減されます。
その際に役立つものが、サプリメントです。
サプリメントは薬ではありませんから、副作用の問題は解決します。すぐに効果が出るわけではないのですが、偏頭痛が起こりにくくすることができます。
また、サプリメントで予防することは、何らかの病気の頭痛と偏頭痛との区別にも役立つなどのメリットがあります。

 

本当にサプリメントが効くのかが心配ですが、実は偏頭痛予防や改善に認められている栄養素があります。
身近な栄養素で言うと、ビタミンB2やマグネシウムです。
ビタミンB2は水溶性で余分なビタミンB2はすぐ排出されてしまうので、数回に分けて摂取し、毎日摂取することが大切です。
マグネシウムの場合は逆に多く摂取するとその量が溜まってしまい、過剰症を起こして下痢などの症状が出ることがあります。
これらの栄養素をバランスよく、適量を摂取することで偏頭痛の予防に効くとされています。

 

しかし、その適量やバランスが一般的には測りにくいものです。野菜や海草などの食材を食べたとしても、実際にどれほどの量が身体に入っているのか確認できません。そこで、サプリメントが役立ちます。
サプリメントは成分量が記載されていて、摂取量が分かりやすいので利用しやすいというメリットもあります。

 

※サプリメントは副作用がないと言いましたが、偏頭痛に有効なハーブ系も使い方や場合によっては副作用に似た症状を起こすことがあります。
必ず、サプリメントを利用する前に成分の効能や副作用を確認してご利用ください。※

 

 

 

 

 

 

 

自然派の偏頭痛予防サプリメント『ずきしらずの実』

 

偏頭痛の予防として『ずきしらずの実』というサプリメントが話題を集めています。90%以上の方が実感したという実績があります。

 

身体にやさしい自然派の素材「フィーバーフュー、にがり、オオイタドリ」を使用しています。
これら3種の自然素材がバランスよく配合されていおり、身体のバランスを整えて偏頭痛の原因を取り除いて悩みから解放をサポートします。

 

偏頭痛はもっとも自律神経との関係が深く、自律神経バランスを整えることが偏頭痛対策に最重要とされています。
たとえば、夜に寝ようとしても頭が冴えているなどは通常、副交感神経が優位になるはずが交感神経が活性化している状態です。つまり、バランスが崩れています。
このように崩れた自律神経のバランスを整えるために、ずきしらずの実が役立ちます。
相談フォームや電話からのお問い合わせも可能ですので、ご不明な点についてもサポートしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

頭痛薬のメリット・デメリット

 

一般的に偏頭痛が起きたときには頭痛薬を使われると思います。または、市販の痛みどめで、その都度、症状を抑えているのではないでしょうか。

 

頭痛薬は効果が高く、我慢できないほどのツライ痛みにも効きます。
即効性もあるところがメリットですが、頭痛薬には副作用があるところがデメリットです。また、頻繁に使うことで抗体ができる可能性もあり、頭痛薬は一時的な効果に過ぎません。

 

もし偏頭痛が治りにくく何度も繰り返し起きているのであれば、そのたびに薬を使うのはおすすめできません。
偏頭痛の原因はさまざまですが、何らかの危険信号とも言えます。
脳に近い位置にある神経が刺激されていることから、脳に問題が起きている可能性も疑えます。
このように重要な器官が異常を起こしている可能性があるので、頭痛薬を使うことでサインを見逃す恐れがあります。

 

たとえば、脳出血や脳梗塞も疑われます。これらの病気は後遺症を起こしやすく、なお、直接的に死因になることもあります。

 

頭痛が起こるたびに薬を使うのでなく、未然に防ぐことを意識して偏頭痛を予防することにより、このような脳のトラブルとの区別もつきやすくなります。

 

偏頭痛は血管拡張によって神経が圧迫されて発生することも多く、脳の障害との区別も難しいため、常日頃から偏頭痛を防ぐことは重要です。

 

薬でごまかすのではなく、サプリメントでの対策を始めませんか。

偏頭痛とは

偏頭痛と通常の頭痛の違いをご存知でしょうか?
通常、頭痛の症状は何らかの病気が起因となって生じます。たとえば、風邪が主な病気です。

 

一方の偏頭痛はそのたびに原因が違うとされ、日常生活に繰り返す不快な頭痛を言います。
頭の片側のみなど、部分的に頭痛が起こることが偏頭痛の特徴です。
また、痛みは虫歯のように、ズキズキとした痛みが特徴的です。発作的に起こり、ときには仕事や生活に影響を与え、眠りを妨げることもあります。

 

偏頭痛はもっとも自律神経系と関係しています。
自律神経が乱れることなどで不意に脳血管が拡張してしまい、脳組織を圧迫してしまうことで頭痛が発生します。
偏頭痛は脈がうつようにリズミカルに起こりますが、これも心臓から血液が押し出されるときに血管が拡張するので、偏頭痛のあらわれ方も当たり前のことです。

 

血管が拡張することは血液の流れが良くなるので悪いことではありませんが、偏頭痛に関わってくると大変な苦痛を感じます。

偏頭痛の原因とメカニズム

通常の頭痛は風邪をひいたときなど、ウイルスが侵入して免疫反応が起こることで生じます。または、脳の病変によっても頭痛が起こります。このように原因がはっきりしているので、治しやすいものです。
が、偏頭痛の場合は原因が明確になっていません。

 

偏頭痛が起こるたびに原因が異なるとも言われ、対処が困難なトラブルです。
しかし、偏頭痛が起こるメカニズムは自律神経のバランスが乱れることが考えられているので、自律神経のバランスと整えることが対策に重要と捉えられます。

 

自律神経は血管の拡張や収縮をコントロールしている神経であるため、自律神経のバランスが乱れると血管の拡張・収縮もバランスを崩してしまいます。結果、脳血管が不要に拡張して神経を圧迫し、偏頭痛を起こします。
規則正しい生活を送るように心がけて自律神経のバランスを保つように努力してください。
また、自律神経のバランスを保つために有効な成分を含むサプリメントを活用し、日ごろから自律神経を正常に保つことを心掛けてください。

偏頭痛の漢方薬

偏頭痛は原因が明確になっていないため、長期的に付き合うことになります。
なるべく身体に負担をかけずに偏頭痛を改善したいところです。副作用が強い傾向にある西洋薬に比べて、漢方薬は薬効もありながら副作用が低いことで、漢方薬を選んでる人も少なくありません。

 

漢方薬にはさまざまな種類がありますが、体内の水の流れを良くする「五苓散」という漢方薬が偏頭痛に効くとされています。水分を排出する働きがあるのでむくみや吐き気に対して主に使われますが、血液量を調節する働きもあります。

 

万能な漢方薬として「葛根湯」という有名な種類は、どのような症状にも効くと言われていて、痛み止めとしても利用できます。ただし、偏頭痛は例外なので注意してください。偏頭痛が起きたときでなく、あらかじめの予防として使うようにしましょう。

 

これらの他に、「苓姜朮甘湯」や「桂枝人参湯」という種類も偏頭痛に良いと言われています。

 

また、漢方薬は生薬の組み合わせによって効果が異なります。そのため、偏頭痛で他の症状を伴っている場合は、専門科に相談した方が適した漢方薬を選べます。または漢方薬を処方する医師のもとで診察を受けてみてください。